HOME>ホットトピックス>門真市の歯医者で矯正治療【虫歯になりにくい歯を目指す】

目次

子供のうちから歯並び改善をしよう

虫歯を起こさない環境作りをする為には早いうちから歯医者に通う事が一番です。虫歯の原因は食生活や磨き残しによる原因もありますが歯並びの悪さによる原因も多いです。歯並びが悪いと歯と歯の間に隙間ができてしまったり歯と歯が重なり合う事でブラッシングをしても食べ物のカスが口腔内に残りやすくなってしまいます。その為虫歯のリスクが高まり虫歯が多くなっていしまうのです。歯並びの悪さは他にも影響を与えます。歯の矯正を小さなうちにしておくと歯の歯並びが改善され歯磨きがしやすくなる他に噛み合わせの改善にも結び付きます。矯正治療は大人になってから行うと治療費がかなり高くなるので早めに行っておくのがおすすめです。

小児歯科治療について

小児歯科で行っている歯科治療は虫歯予防が中心です。虫歯予防の方法としてシーラントという方法があります。シーラントはまず歯ブラシでは除去するには難しい所にある虫歯菌を特殊なレーザーで滅菌を行います。レーザーの効果には歯自身の強化以外にも虫歯になりにくい歯を作ると共にシーラント治療後のフッ素塗布の効果を上げやすくしてくれます。虫歯予防の方法として門真市の歯科医院で行っている所が増えています。

フッ素の役割について

フッ素という言葉はテレビでも耳にする事が多いでしょう。小児治療ではフッ素を使っても虫歯予防を行っています。フッ素は私達が食べている飲んでいる飲料水や食品にも含まれている事が多いです。フッ素の効果として歯の再生を助けたり、歯を強くしたりする効果があります。その他にも歯を溶かしてしまう酸の生産を抑制する働きをしてくれます。小児歯科では歯に直接塗布してくれます。

広告募集中