歯のトラブルに困ったら

虫歯治療以外にも歯医者は入れ歯や歯のクリーニング、矯正治療なども行っています。もしもこれらで困ったことがある場合は歯科への受診がおすすめです。ですが歯科の数はとても多く良い歯科を見つけるのは難しいです。そこで良い歯科の特徴をランキング形式にしてみました。

良い歯医者の特徴ランキング

no.1

初診時の診察時間が長い

一見するとむしろ良くない歯医者なのでは?と感じる人も多いと思いますが、初診時に話をしっかり聞く歯医者は正しく診察しようと努めている歯医者が多いです。なので患者の歯の痛みにしっかり向き合ってくれます。歯の治療には患者の訴えも必要になってくるからです。治療や患者の事も考えている歯医者としてこれ以上はないのでダントツでランキングの一位です。

no.2

すぐに虫歯を削らない歯医者

虫歯は削るものと考えている人は多いでしょう。ですが、歯を削るのはあまり良くないのです。歯を削ってしまうと削った箇所から細菌に感染してしまい虫歯になるリスクを高めてしまうのです。できるだけ削らない治療を行う歯医者は患者の事を考えている良い歯医者と言えます。この歯医者も信頼性が高いですが、わずかに順位が届かなかったので、二位となってしまいました。

no.3

苦手な分野の歯科治療の場合はしっかり断る歯医者

歯科治療は虫歯治療の他にも矯正や審美歯科など各分野が存在します。歯医者にも得意な分野と不得意な分野があります。自分の苦手を理解し患者にきっぱりと言える歯医者は不親切に感じますが不得意の分野なのに治療をされる方が不安です。希望すれば他の歯科を紹介してくれるので信頼性が高いといえます。患者の事を考えての判断ができる良い歯医者ですが少し印象として悪くなる可能性も秘めているので一位や二位に及ばずランキングの三位に落ち着きました。

歯周病に気をつけよう

歯医者

歯の病気として特に有名なのは歯周病です。歯周病はテレビや宣伝もよく耳にする病気でしょう。歯周病は歯周組織の炎症により酷くなると歯が抜けてしまう病気です。歯周病は男性女性に限らずなりやすい病気です。ですが女性よりも生活スタイルや仕事で無理をしやすい事が多い為男性の方が歯周病にかかりやすいです。ですが女性も歯周病に掛かる可能性は十分にあります。タイミングとしては妊娠中などです。妊娠中の女性ホルモンの変化により歯周炎や歯肉炎が起こる可能性もあります。

若い時こそ歯医者へ行こう

歯医者

20代や30代は70代の人と比べてかかりつけ歯科医師を持っていない人が多いです。その理由として歯に痛みが出ても大丈夫と判断して歯科に行かないからです。現代は昔ほど虫歯のある人が減っています。その為問題ないからと歯の健康にあまり気を配らない人が増えているのです。ですが、放っておくと歯周病や歯肉炎を引き起こしてしまい診察を受けた時には手遅れという状態になってしまいます。歯医者は治療だけじゃなく歯のクリーニングも行っているので最低でも一年に一回は歯の掃除をしに行きましょう。

妊婦さんを狙う歯の病気

お腹に子供ができると体に様々な事が起こります。気をつけて欲しい事はたくさんありますが歯の病気にも注意が必要です。特に妊婦さんが掛かりやすい病気は歯肉炎です。妊娠すると女性ホルモンが増加しやすく内分泌も変調するからです。歯肉炎は女性ホルモンを栄養としているので女性ホルモンの増加に伴い歯肉が普段よりも腫れやすくなってしまうのです。他にも口腔内の状態変化に伴い虫歯になる可能性もかなり高くなります。また、歯周病を抱えていると生まれてくる子供へも影響すると言われています。なので妊娠中は食事のバランスに気をつけビタミン類をたくさん摂るようにしましょう。そして定期的に歯医者への診察を行ってください。

歯を美しくすれば外見も美しくなる

日本では歯並びや歯の色を重視されませんが、外国では違うようです。歯並びや歯の色が就職を左右するほど重要視されているようです。最近では日本でも歯の美しさへの関心が高まっている為綺麗な歯並びや色に治療する人が増えています。そのような治療を審美歯科といいます。歯医者の分野でも審美歯科を専門に扱う歯医者が増えています。千代田区で審美歯科を行いたい人は一般の歯科よりも審美歯科専門の歯科への受診がおすすめです。専門歯科だとより詳しくその人の歯の状態や歯並びから適切な治療法を提案してくれるからです。

広告募集中